2009年04月05日

2009/03/29 GvG

動画UP完了

2009/03/29 GvG
予定:N4 極楽連攻め
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)
指揮:野良猫

野良猫圧縮。
3度目の正直ってことで極楽連へ。
今週はなんと極楽連にpofがいました。先週もケットがいたりと
色々と想定外です。が、かまわずスタート。
開始早々→に抜けてEMC。そのまま右守護石を割ります。
今度は左狙いって思ってたところに鷹連登場。
鷹が登場した瞬間鯖が重くなりました。
問答無用に攻撃されるので(こっちも共闘する気はないけど)
共闘なしで入り口防衛ラインは崩壊。
そのまま左に突破EMCして守護石をブレイク。
が、ブレイク前に右守護石を復旧されたので、再度右に。
鷹の1Gがいて、崩しているのか制圧してるのか不明な時間が
続いたがブレイクでバリケ戦へ。
左に野良連 右に鷹連の状態でこっちは鷹連メインで攻撃。
ここで偵察指示で、F鯖が軽いとのことでF4に転進決定。

敵0、バリケなしだったのでそのままINTでブレイク、防衛構築。
F5がWRC連防衛だったので、全軍派遣へ。
よくわからないまま守護石をブレイクしてバリケ戦へ。
ここで極楽連登場、砦主はとりあえずほっといてまずは対極楽連へ攻撃へ。
しばらくするとMR連も登場。三つ巴状態がしばらく続いたが、極楽連が撤退。
対MR連への攻撃を続けて、MR連もしばらくして転進。
ここでやっと砦主へ攻撃開始、すぐに第1第2バリケをブレイク。
第3バリケへ攻撃中にチラ子猫登場。
再度チラ子猫へ火力を集中してると、チラが本城F4へ。
守護石をブレイクされたのでINT単体で戻る。
第一バリケを落とされたが第二バリケで排除に成功。
F5の陽動と分かっていたので、守護石復旧後F5の指示。
が、F5にSNK連登場、安全策でSE砦は諦めて旧砦へ。

V4がMEペコ連、C4が極楽連防衛に攻めEA派遣の状態だったので
L2攻めへ。WRC連防衛だったのを2ターンで制圧。
が、その流れでMR連登場、その1ターンでブレイクされる。
取り返しにいくも崩せず終了。
結果 F4のみ。

【感想】
だいぶまとまって攻めが出来ていると思う。当然もっと改善できる点は
一杯あるのだが、じょじょに進歩してきている。
ラストL2はMR連のブラギスクリームで乙ったっぽい。
偵察中で状況は見れなかったが、EMCでINTは補充していたし、
普通に1ターンで力負けした感じ。
相手が良かったのもあるけどこちらは情けないね。
指揮側としてもブレイク判断の状況がボイチャにすら伝わってなく、
現場判断も出来てなかった。

個人的反省
いまひとつ乗れてない感じ。どうしてもタイマンじゃない場合、動きが緩慢に
なってる。マスタ側もF5派遣時に何度もF4いったり、挙句にはF4でEMC
するとか・・・。

極楽連
結局今回もまともに攻めれず。
POF加入でどうなるかは不明だけど、相変わらず守護石防衛はラインが無かった。

鷹連
規模的には1ランク上とは思うけど、来たのは宝狙いなのか、それとも安牌狙いで
勝ってモチベを上げるためなのか。
この前会ったときもそうだけど、相変わらず平地がバラバラに見える。

WRC連
SEに慣れてないのでしょう。
バリケ裏の教授に献身とか、構成からまだ見直せるはず。
個人では目立つ人もいたので

MR連
個人的評価UP。L2では攻めの形がしっかりしてた。防衛体制も早く
日頃の慣れもあったと思う。人数も30人超えてそうだしSE砦もギリ
可能じゃないかな?
SEでの平地の際も、とくにMADのまとまりが良かった。
前に出すぎず拠点防衛を理解している。

来週の予定
F4防衛スタートでいきます。
ただし鯖の状態や、攻め過剰の場合、戦略的撤退(つまり逃げ)します。





posted by YAS at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

2009/03/22 GvG

2009/03/22 GvG
予定:N4 極楽連攻め
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

指揮:INT

LGO圧縮、INTのin18でスタート。
前回落とせなかった極楽連にリベンジをって感じでN4へ行くと
極楽連ケット雇用でムリポ。倍くらいいますね。
10分で諦めて、転進先を偵察。
N鯖がなんとか動ける状態だったので、N1のチラ子猫に攻め決定。
攻めるとなんか違和感が。それもそのはずガーディがいない。
ハンディで出してないのかマスタが不在なのかは不明だけど、
入り口防衛をあっさり崩して守護石を破壊、バリケ戦へ。
ここからが難関、チラのLK3〜4人に荒らされてバリケは削れるんだけど
続かず両守護石を直されて振り出しへ。
再度破壊してバリケへ。
相変わらず遊撃のLKは止められないものの強引にバリケを削っていく。
第一バリケを落とした後は、チラ側の遊撃回転が距離の影響で遅くなるので
展開的に楽になり、第2・第3バリケを破壊して野良でブレイク。
チラ子猫は転進。
そのままバリケを築いて派遣へ。
派遣はL2を確保。
INTはC4を制圧していたが、極楽連派遣がきたので、ケット付きならムリポで
転進、ラストにINTでV5を狙ったが失敗。
結果 N1・L2 の2砦で終了

【感想】
極楽連はケット付きはムリポ。
チラ子猫は子猫のマスタが遅刻だったらしいですね。
ガーディ無しだったんで、あったらギリギリだったでしょう。


チラ子猫
守護石防衛はほぼ機能してなかった。バリケ戦になってチラのLK陣による
荒らしがはまってた。
バリケ裏の子猫は火力を捨ててバリケ延命の型。
チラ側の圧縮をしないならあれが精一杯かな。構成的にも。
ブレイク後攻めがなかったのは残念。


来週の予定
N4極楽連を攻めます。3度目の正直です。鯖照る照る坊主に祈っときます。





posted by YAS at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

2009/03/15 GvG

2009/03/15 GvG
予定:N4 極楽連攻め
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

指揮:LGO
宿無しとなった今回、2時間ぶっ通しでN4極楽連へ攻めました。
色々と複雑な感想があるのですが、とりあえず置いといてスタート。
今回は圧縮無しの3G構成。
開始前INT16名、中身10人でした。
N4移動、他に攻めも無くタイマン状態。
が、鯖の重さは最悪。
そんな状態で開始。
入り口はロキ防衛だがラインを軽く半壊させ、まずはマスタで
EMCを狙う。が、クリックしてから反映まで10秒近く掛かる。
ガーディは残影してよってきていつの間にか殴られているって感じ。
当然防衛側も重いのでガーディにタゲられなければEMC通し放題。
なぜかというと、敵がマスタユニットとして認識して攻撃したとしても
その攻撃反映が10秒くらい立ってからなんで、EMC詠唱みてから止める
とか絶対無理。
ただしEMCは通るものの、ガーディのいないところで早めで通す必要があるので
入って左の2クリック圏内でしか通せない。
普通EMCが通ったらそのまま抜けていって守護石を割りに行くのだが、
EMC後左の小道に入るのに30秒とか余裕で掛かる。
その間にガーディが襲ってきてなすすべも無く倒されていく。
→守護石は稀に突破EMCで割ることが出来たが、そこが精一杯。
WP入って移動地点をクリックしてその反映がされる前に1歩も動けず
死ぬとかどうしようも無い感じ。
5次召還まで来て、入り口にはガーディが7〜8。
1時間立って転進しようと考えたところで鯖が若干軽くなる。
それを気に→守護石を突破EMCにてブレイク。
指揮にて継続の指示がでる。
ガーディが減ったのと軽くなったので突破がし易くなり、入り口防衛は半壊に
持ち込んだり出来たが、一気にはやはり押せず守護石復旧をされたりを繰り返す。
さらに20分ほど経過するとさらに鯖が軽くなる。
これで一気に押せるようになり、21:30に両バリケ破壊。第一バリケ攻防へ。
指揮側は継続の判断。
第一バリケ攻防になって安定はしないものの、着実に削っていきブレイク。
第二攻防へ。
ここも優勢で進んでブレイク。ラスト10分。
指揮側はもう最後までGOの指示。
先手でバリケ裏のSepにSGをいれ序盤は優勢。
が、守護石を復旧され野良マスタが没。
これでLK排除できる火力が1になり、遊撃を倒せず排除される。
野良が守護石を破壊して再度3バリケへ迫るもそこでタイムアップ。
宿無しとなりました。

【感想】
まずはN鯖の状況から
簡単に各連合のN鯖での活動を調べてみた。

時系列
20:00
N1:チラ子猫防衛 攻め:しるさんち 輪廻連
N2:放置
N3:ME連防衛 攻め:EA連 10分後鷹連
N4:極楽連防衛 攻め:野良連
N5:暁連防衛 攻め:SNK連

20:30
N1:チラ子猫防衛 攻め:しるさんち撤退N2へ 輪廻連撤退A3へ
N2:しるさんち
N3:ME連防衛 攻め:EA連 鷹連 共闘
N4:極楽連防衛 攻め:野良連
N5:暁連防衛 攻め:SNK連

21:00
N1:チラ子猫防衛
N2:しるさんち
N3:ME連放棄 鷹連ブレイク防衛 EA連攻め
N4:極楽連防衛 攻め:野良連
N5:暁連撤退A4へ SNK連ブレイク

21:30
N1:チラ子猫防衛 派遣へ
N2:しるさんち 派遣へ
N3:EA連ブレイク 鷹連攻め
N4:極楽連防衛 攻め:野良連
N5:SNK連防衛 A1へ派遣

アバウトに計算したN鯖の人数推移
20:00 640
20:30 580
21:00 420
21:30 260

やはり鷹連が来た20:10から21時辺りはどうしようもなく
重かった。
せめて400台にならないとまともな戦いは出来そうにない。

また指揮判断も難しかった。
1時間重さもあって全くいいところなく終わって、そのまま転進しても
良いものかどうか。
これから鯖は軽くなると予想できる状況で、転進して確保に入ってそのまま
戦闘できなかった場合、2時間でまともな戦闘を一度もなく終わって
しまう可能性がある。
そのへんを考えての継続だし、そこは同意であった。

しかし今後、同様のケースの場合は開始5分で判断して転進すべきかなと
今回経験して思った。
日頃重さを理由にしたくないと心がけているのだけど、どうしようもない
レベルだった。
守護石復活させられたりと反省点はあるのだが、前半1Hに関しては
どうしようもないでいいと思う。

また今回3Gでやってたが、やはり戦力の分散、抜けてEMCしても
構成が悪く押し切れないなどデメリットが多すぎる。
2Gか1Gに圧縮すべきと感じた。


極楽連・・・数は50位?重さもあって前半は良く分からなかったが
クリエ系でガーディを誘導してたりはしていた。
あと火炎忍者がいて効いてたかな。重さのなかで突破EMCを弓手に
何度も止められた。
突破EMCからの守護石対応など、今回は重さ+ガーディでなんとか
なったけど配置が遅く感じた。
sepのバリケ裏のEMCは良かった。ほとんど先手を取られていた。
ただ火力自体は低いため、ガンバンSGで簡単に壊滅まで持っていける。
遠距離火力の砦主の移動は必要と思う。
極楽のマスタがLP上のEMCをよく狙ってきたがあれはほとんどの
ケースで悪手かと。極楽の前衛は目立ってたので普通に百華と合わせて
EMCして後方から行くべき。


来週の予定
一応リベンジで再度N4予定。ただ今週並みの重さの場合は、早めに
Fに行く場合あり。







posted by YAS at 15:51| Comment(1) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

2009/03/08 GvG

2009/03/08 GvG
予定:N5 暁連攻め
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

指揮:野良猫
さてさて負けたときは最速更新 ってことで動画もGv終わってから
すぐ編集しました。池田先生あたりに分析でもしてもらおうってことで。
で、予定したケット雇用SNK連攻めですが・・・ケット雇用できませんでした。
てことで、予定変更で暁連攻めに決定。
SNK連には鷹連が攻めたようですね。実は金曜の宝の後、F1にお邪魔して
左守護石防衛ライン研究にいったのですが、そのときに鷹連のタクトがいて
配置研究してました。
聞いたら攻めるとのことで、うちもケット雇えたら攻めるから被るねって話してました。
まあ雇えなかったんで、被ることは無くそういった意味では、両連合ともに
良かったかな?(どっちも落とせてないけどw)
まあこういった事前偵察や研究をやっている所は指揮側にやる気のある証拠だし、
鷹連も色々言われてるけど前より結果も残しているし、指揮面はうまくいってるんじゃ
ないかなと。
で、LGOをINTに圧縮、INT+野良で編成。
開始前5分でギルドのIN数がINT33、野良10。
いつもより多いのはしるさんちのメンバーが数人来てくれたお陰です。thx
しるさんちメンバーが増えたので、当初予定した相手で一番手ごわいと思われる
暁連をターゲット。
当初EA連辺りが来るかなっと思われたが、予想に反してN3ME連へ行った模様。
ってことでありがたい事にタイマンができるかって思われたが、LE連の派遣が1G。
当然共闘なしの指示がでてスタート。
入り口はWIZが数名程度。すぐ突破して左へ抜けてEMC。左守護石攻略へ。
LE連派遣が右守護石を割って、暁連復帰組みと共に後ろから突っついてくるので
対処しつつ進軍。
開始すぐで、相手構成ギルドのどこかが加わってなかったのか1ターンで押し切りブレイク。
第一バリケ攻防戦へ。LE連派遣はここで転進。
暁連は1Gを入り口ロキ防衛。城主Gはバリケ裏。メインGをバリケ前に配置。
対して野良連はバリケ右からのEMCで中央付近まで押し上げ、バリケへの攻撃と
遊撃対処。
バリケ裏が薄いのと、重さもあって遊撃があまり機能していなく、バリケへのダメージは
順調に入っていたのだが、右守護石復活で野良猫で割りにいった際に押され始め、相手前衛
の排除が間に合わなくなる。軽く壊滅して、EMCでまた序所に盛り返していったが、
押し切ることはできずに、再度両守護石を復活させられ、城門バリケを構築される。
こうなると守護石を割らないといけないので、INTで左守護石狙いのEMC。
が、相手のEMCも同時でラインを形成される。
野良猫を待って再度進軍するも、相手前衛の遊撃と後方からの復帰、そして重い中では最強の
ガーディが暴れだして、攻めの形を作れない。
押し上げられたり下がったりでまともに攻める形もできなくなってしまったので
1時間たったのを機に撤退。
確保をしようとのことで、A5に進軍。がME連が来てアウト。
この段階でEA連が3砦をもっていたので、攻めようとのことで、A3へ。
砦主はアリス。
守護石はなかったので第一バリケへ。
相手はアリスがバリケ裏、NEROが遊撃の形。
右側に陣取りつつ、なかなか押し切れずに一進一退。
が、相手が守護石を修理したことにより城門バリケが登場。
INTと野良のマスタは城門内にいたので、EMCからまずはNEROを排除。
指示にて守護石を割らないようにまわす。
城門前はEuもきてガチガチ状態。
が、城門バリケ内はアリスとのタイマンの形になって防衛を崩してバリケを破壊。
第二バリケへ。ここでアリスの前衛中心の遊撃が機能し始めて、消耗もあって
崩されていく。マスタも倒されて終了。
EA全軍がきてたので、A4へ。
INTにて左守護石は即割ったが、右守護石を割り切れずEu含む3Gが戻ってきて
終了。
SE砦は諦めて旧砦へ。
まずはV4。軽くレースだったが、先にSNK連に抑えられてアウト。
諦めてC4へ。C4はME連が15人ほどで制圧防衛。一気に制圧。
ME連も諦めずきていたが数も少なく排除。
1MAPまでクリアになったのでラスト5分でINT派遣でV5でEMC。
が、まにあわずブレイクできず。
C4にてME連が再度きたので、野良でブレイク。
INTも戻ってEMC。
最後はイナバEMCで逃げ切って終了。
結果C4取得
【感想】
チャンスがあったとしたら最初の流れのみだったな。
左守護石ブレイクから第一バリケ攻防で、優勢な時間があったが、その時間で
バリケへの火力集中を仕切れず、押し返された。
第一バリケ攻防において重要なのは、相手を倒すのではなく、バリケを壊すこと。
倒しても1分も掛からず復帰できるので、相手LPにつっこんで倒しにいくとか
とか分かってない証拠。
幸い暁連は戦力を分散して良い位置を長い間キープできていた。
相手LPにつっこんで死んでいった前衛やチャンプは状況に応じた役割を認識しないと。
WIZもMS持ちはバリケへ。SGは遊撃対処とはっきり意識をもっていないと結局
自分が苦しくなっていく。
あとは未だにうまくならないガーディ対処。
まあ重さもあるんだけど、トールガーディと同じで、LKトレイン中にSG打ったら自分に
来るんで打たないはず。前衛とうまく連携していこう。
遊撃対処も、LP境界にSGを常時展開することによって、LP内に進入されにくくなる。
当然進行方向に魔法を展開することは当然だけど、後ろからの遊撃対処用にSGを散布
するのは重要。意識してやっていこう。
対EA連戦は、ほぼ同数だったんで、もっと最初から押し切れないと。
怖いのは敵遊撃のLK位だったんでもっと地形を生かした陣地取りが必要。
基本であるLP中心にまとまって動くことを徹底。
今回は全体的に各上の勢力との戦いだったけど、反省点を生かして次に繋げたい。

暁連・・・特に前衛が頑張っていた。特にWSとLK。とにかく装備を破壊されまくった。
戦力の配置など、どうなんだろうって思うところもあったが、まあ数で優位になってるので
余裕はあるだろうね。
逆に後衛は目立たなかった。あとは雷鳥が足りてない。
これから同数の戦いをする際は左守護石のライン防衛でのキルゾーンの火力集中がもっと必要
と思う。

EA連・・・特にアリスとNEROメインだったが、目立つのはやっぱりLKかな。あとチャンプが
多い。アリスの砂2が地味に効いていたと思う。
守護石復旧の城門バリケ復活の流れはミスだろうね。
結果的にEuを呼んでまで防衛したのなら、開けといて乱戦してたほうが安全。
戦術的に城門バリケ構築も当然ありなんだけど、今回はこっちにチャンスが生まれた。
EA連(アリス・NERO)はまだSE砦の防衛に慣れていないイメージ。
しるさんちや前のDSの方が火力集中や遊撃などの面で完成されてると思う。

*気になった点
リヒ下をベースにしてるのですが、今回LE輪廻がリヒホテル内をベースにしてました。
ケットがリヒホテル内はケットがベースにしていたので、遠慮して外にしてたのだけど、
中でも良かったのかしら・・・。

*来週の予定
ケット雇ってSNK連攻め!!!と言いたいところだけど、今週の反省点をまとめるため
同規模勢力狙いで。
N1:チラ子猫・N2:DS連・N4:極楽連 辺り予定してます。







posted by YAS at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

2009/03/01 GvG

2009/03/01 GvG
予定:N2 暁連攻め
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

指揮INT
LGOをINTに圧縮
久々の攻めのターン。
暁連に挑戦してみようってことで、開始前MAPを下見しつつ
待つも防衛しそうにない。
ってことで58分までに防衛を確認できなければ、先週スルーされた
L3のチラ子猫に攻めることを決定。
結局防衛なしでL3へ移動。
砦前にはMR連、ケット偵察。
入り口に軽いラインあり。
共闘なしでスタート。
突破EMCでまずは野良連が3MAPエンドを抑える。
チラ子猫はロキなし。
MR連がそのまま3MAP入り口からから進行してきたので
まずはMR連の排除へ。
あらかた排除が終わった後で突入、が崩せず。
EMCから突入準備をしてたところで、再度MR連がくるので排除。
終わって突入するとロキありになっており、失敗。
その際に、MR連に3MAPエンドを取られたので、再度進行
して排除。
そして次の突入でLPが出て、WPからのSG等でガケを排除。
1ラインでEMCし、押し上げていき、再度突破EMCからそのまま
INTでブレイク。ロキ防衛へ。
チラ子猫はそのまま攻め、MR連もそのままの模様。
攻め同士で争っていたのか、まとまった突入もなく安定。
しばらくするとFP登場、他の攻めは転進の模様。
いきなりロキ切れからロキ死亡で金教授がLP。
ER入り口でEMCされ、一旦ラインを後ろへ下げる。
相手がバラバラになったので各個排除していき、ロキ防衛へ戻す。
後は遊撃も混ぜつつ守りきり相手は転進。
21時になったのでこちらも転進。
確保先偵察からF4を選択、第一バリケを攻撃しようとするも、なぜか
INTの攻撃があたらず。旗は鷹なのに。
まあしょうがないのでINTのWIZを野良に。
当然エンペも殴れないので野良でブレイク。
バリケを押し上げてる途中でEA全軍登場。
これは無理なのでF5へ移動。ブレイク。
そのまま防衛を築いて派遣へ。
V4がしるさんちだったので45分までの制限で攻め。
2〜3度突入したが崩せないので諦めてC4へ。
C4は比翼1Gで制圧防衛。
EMC→EREMCで崩して制圧。
そうしてるとF5に比翼登場。残り10分でまずは野良猫にいってもらうも
厳しそうなので、INT帰還を決定。
3バリケ裏でEMCし迎え打つ。
相手前衛の排除が厳しかったが、こちらの要職の教授ブラギ献身WIZプリ
がそろっていて、EDPグリム+AMPSGで後衛を序所に削っていき、
再度EMCで補充して完全排除に成功。
相手転進と判断し、単独でマスタをC4へ移動。残り2分でEMCするも
C4にはME連のペコ連組がいて崩せず終了。
結果F5取得
【感想】
久々の旧砦は軽かった。L3は構造が独特なので知っていたら崩し易い。
防衛も形にはまっていたと思う。
F4で殴れなかったのは原因不明、昔旧砦でエンペ殴れなかったとき
あるので同盟関連のバグかな?
ラストの対応については実は非常に迷った。
砦の宝の期待値としては当然C4>>F5なんで、実利を考えるとF5
無視でC4継続なんだけど、派遣して本城を奪われるという結果だけ
見られると今後にいろいろと良くないイメージを持たれる。
名(な)を取るより実(じつ)を取れ < 得を取るより名を取れ
根本は前者なんだけどね。

チラ子猫・・・遊撃がほとんどなかったのは指示かな?前衛が目立ってた。
MR連・・・邪魔したようですいません。
FP・・・1人やたら抜ける騎士がいた。金教授相変わらず厄介。
しるさんち・・・火力たけ〜。

比翼連・・・相変わらずまとまりがいいと思う。比翼多いな。
30人以上沸いたと思う。


*来週の予定
ケット雇用してみます。
雇えたらSNK連へ挑戦します。
雇えなければ、DS連・暁連・LE輪廻あたり。







posted by YAS at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

2009/02/22 GvG

2009/02/22 GvG
予定:F3防衛
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

指揮LGO
野良猫をINTに圧縮

放置ってことはまずないっしょてことで防衛スタート。
開始前、ME連・輪廻連+ケット。
共闘かどうかは不明だが、入り口防衛は抜けられまくり、
ケットマスタが左でEMC。しょうがないので右守護石で
EMCしてラインを引く。
右に来たのはME連。ペコ連の2Gがいるので数は倍くらい。
前衛排除が間に合わず、裏EMCされて終了。
守護石が落ちる前に城門バリケを見に行くと、輪廻連+ケットが
待機中。
これはダメだろって思いつつ第一バリケでEMC。
ME連は共闘がなしの模様で、最初にきた輪廻の後ろから押し上げて
きてそのままバリケに張り付く。
普通に排除が間に合わずADS飛びまくりだったので、これは無理と判断、
転進を進言。第2まで移ったところで転進。
F5でMR連が防衛とのことで見に行くと、ラインひくまで待って欲しいとの
こと。
少し待つが、結構掛かるみたいなので諦めて進軍、ほとんど抵抗なくブレイク。
第3バリケを引いたところで、MR連は攻め継続。
強引にどんどん押し上げていって守護石まで押し上げる。
途中でLGOを空き家のN1へ派遣。砦主の練習へ。
後半、DSやペコ連がF5に来たが守護石防衛で防ぎ、
派遣へ。
派遣はV4、防衛はLE連。
普通にロキ防衛で、少し戦闘を楽しめるかなとおもって突入。
すぐLPがでて速攻で制圧。
ラストV5を狙ったが失敗で終了。
結果F5・V4の2砦
【感想】
特に大きな動きはなかったので特にはなし。

ME連・・・ペコ連の2Gがはいってなくてもきつい相手。
相手になりません。うちの後しるさんちのところへ行ったみたいだけど、
相手の選択間違ってないっすか・・・
お試しが解消されたら対戦しましょう。

MR連・・・待つっていったのに、待たなくてすいません。
今回は見どころも少ないので動画はなし。
posted by YAS at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

2009/02/15 GvG

動画UP完了
2009/02/15 GvG
予定:F3防衛
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

野良指揮。LGOをINTへ圧縮。、
事前にFPマスタより攻めるんで防衛しないかって話がきて、じゃあ
防衛しようって流れでした。
開始前だいたい35名ってとこでちょい厳しいかなって感じ。
砦前にはLEFPとチラ子猫。チラ子猫はほとんど介入せず転進したかな。
FPが事前の情報通り、昔使ってたチェイスGで構成。
昔は、金ゴスデビというユニットだったが、今回は不明だが金ゴキは使用。
ってことでWP防衛は無理だろうってことで早めに移動をする想定だった。
予想どおり速攻抜かれたので、左守護石でEMC。
金チェイス対策は魂不協和音と自陣にいたガーディ。
最初はFPマスタが突破EMCを狙ってきたことによって、相手の集合がばらばら
で、通路での戦闘は完全有利。
突破を諦めてまとまって進行しはじめて、削られ始める。
持ちこたえてるところで、DS連登場。DSに1Gに圧縮の模様。
事前のFPとの話し合いで、攻め勢力が他にいた場合は共闘でそれに当たるって
話だったので期待してた。
DSが通路に進行。硬いLKで荒らされ、でもギリギリ持っていた所で、背後で
FPがEMC。ぉぃぉぃ。
これでもうムリポってことでバリケ前でEMC。
LEFP→DSときた所で耐え切れずバリケ裏へ布陣。
LEFPがバリケ左、右がDSって形に。
やっと思い出したのかFPから共闘要請がきたので、右旗からの遊撃でDSを
狙う。あらかた倒したところでDS連転進。タイマンに。
LEFPは教授がメイン3人もいて交互にくるが、イマイチまとまりがない。
各個撃破が可能で処理が間に合い、野良のEMCからの押し上げで、バリケ前へ
と布陣をしたりして対処していく。
しばらくすると、FP教授に金を持たせて献身。
この撃破がかなり厳しくバリケ前でLPを維持される。
が、ガンバン率をあげて他を排除して対処。
大きく崩されることなく、バリケ前後でのEMCを繰り返して守りきる。
LEFPは21:30に転進。
派遣へと移り、まずはC4を野良で制圧、後でINTへ引継ぎ次にC5を制圧。
INTメンバを数名送り野良はV1でEMC。
C4はラストME連が来たが、ブレイクを挟んで逃げ切り。
C5もぎりぎり逃げ切って、V1は失敗で終了。
結果 F3堅守 C4・C5の3砦で終了
【感想】
前回落とされた相手から守りきれたのは良かった。(前回とは状況が違うけど)
金教授対策は頭が痛かった。
ジョーク・タロット位で、あとは睡眠。妨害だとspb・プロボか。
まあ素直に90秒は諦めて他を狙うってのもありかな。
今回傭兵できてくれた人も含め雷鳥が多かったのでかなり優位に進めれた。
やはり基本だけど、スクリジョークの強さが効いてた戦闘だったとおもう。
あとはsbrがINTに2人いて、単体魔法も絡めての排除がうまく出来たのは
よかった。
しるさんちまでは行かないまでも、バリケ後ろの攻撃力ってのは防衛の基本
なので、中距離火力での排除ってのは今後も重要なのでタゲコントロールも
含め錬度を上げていきたい。
LEFP連・・・まとまりがなかった。教授メインが3人いることで、だれを中心
に攻めるのかって意識の統一ができてない感じ。
オープンでもいいから攻めるタイミングを合わせられると数の利点が生かせた
と思う。あと入り口での復帰防衛ラインもうちの構成からすると微妙。
戦力の分散になってたとおもう。
金教授になってから形をそろえて攻撃されるとかなり厳しかった。











posted by YAS at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

最新更新状況

本日更新
12/28 動画UP
1/4  動画UP
2/1   動画UP
2/8   動画UP
posted by YAS at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009/01/04 GvG

動画のみ







posted by YAS at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/12/28 GvG

動画のみ




posted by YAS at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

2009/02/08 GvG

2009/02/08 GvG
予定:N4 チラ猫連攻め
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

INT指揮。野良猫マスタ都合によりINTとLGOに圧縮。、
事前に2連合がA4攻めるとの情報あり。
最近砦取得率が悪いので、そこらへんも考えつつのGvでした。
N4移動すると、しるさんちの姿あり。旧ペコ連のsepもいて、
PT名から同盟と把握。
防衛はロキ入り口防衛。
相変わらずNは重い。
何度目かで→に突破しEMC。そのまま右守護石を割る。
これで入り口のガーディが半分いなくなったので、攻め側
優勢に。しるさんちとは非共闘。最初は様子見の指示だったが
共闘の意志はないようなので非共闘。
そのまましるさんちが左に進軍していたので任せて中央を抑える。
結構時間が掛かって、左が割れる前に右を修理されてしまう。
なんで再度右を割りに行って中央バリケ戦。
先週と同様右に野良連、左にしるさんち。
ここで偵察をだしつつバリケを数本削ったところで転進。
あとは任せた、って感じで空のF1にてEMC。
第一バリケを壊して第二バリケへと移ってるところでなぜか
しるさんち登場。いやさっき譲ったのに・・・
とりあえずじゃあ戻るかってことで、F1ブレイク後N4へ。
N4は再度入り口ロキ防衛。
やっとタイマンができるなっとおもったが、
開始当初よりさらに鯖が重い・・・
入り口から1歩も動けず死亡とか、鯖キャンとかの繰り返しで
これは流石にまずいと思い転進。とりあえず空き家だったF3を確保。
F4のEA連は祭り連に落とされたらしく落城を繰り返していたので
LGOを派遣。ケットにチラがいたので、カウンターでN4に単騎で
突入。左に抜けて突破EMC。そのまま左守護石を割る。
これでF4のチラがN4へ戻ったので、そのままINTはF4へ。
防衛はケット。左守護石への通路で防衛。
一度目は後方からきたガーディ2体で壊滅。
ガーディを捨ててくるよう指示して2回目で押し込んでブレイク。
第二バリケ前でEMCしたところで、EA全軍が登場。そして鯖も重くなる。
チラがF3に来てたこともあり、一度全軍帰還。左守護石防衛から
入り口まで押し上げて相手転進。
転進後まずV4を確保。
3砦目選考中にV4に再度チラが登場。そのまま防衛。
最後ME連の派遣も来たが、割りを挟んでLGOをB5へ出しつつ終了。
B5は取得ならず。
結果F3・V4の2砦。
【感想】
ここのところ攻め被りが続いたことへの対策と、砦取得率が悪かった
こともあり、安全思考が強かったので、戦闘自体はかなり少なくなって
しまった。
N4での戦闘というかN鯖がかなり重かった。発言しても10秒以上なにも
反映されないとかざらで、流石にこれではN鯖に行こうとする気が薄れる。
戦闘以前の問題だった。
このままの状態ならマッチメイクでの旧砦の攻防もありかと思った。



posted by YAS at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

2009/02/01 GvG

009/02/01 GvG
予定:N4 チラ猫連攻め
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

LGO指揮。今回は自分が提案したとおり、野良猫に圧縮、
余りLGOという形で、INTは結局稼動しませんでした。
狙いは、野良40、LGO10という形です。
今回INTが割りと多く、終盤は2PC込み60位までいきました。
ってわけで、N4移動すると、ペコ連の姿あり。
防衛は入り口防衛、ペコ連とは共闘なしでスタート。
野良マスタ突破EMCから右守護石を割って中央へ。
ペコ連が左にいったかなっておもったがなかなか割れない。
中央で戦闘しつつ、割れないのでマスタが左守護石でEMC。
そのまま割る。
バリケ戦に以降したところでペコ連撤退。
第一バリケ攻防へ。
子猫がバリケ裏でチラが遊撃と前と同じ形。
が、ここの弱点は形はいいんだけど、子猫側の火力が薄いってのが
分かってるので、強引に子猫を狙ってバリケを攻略。
第2も同じ形で第3へ。
そのまま押し切ろうとしたところでDS連登場。
野良連右、DS連左下の形でバリケは半無視で戦闘。
しばらくして指揮側で転進を判断。
A5でペコ連防衛しているとのことで攻め。
入り口防衛で1度目は失敗。
そこで鷹連登場、派遣でも相当の数。
入り口崩壊で、野良マスタ右守護石EMCで破壊。
鷹の左ブレイクを待ったが、苦労しているようで、野良マスタが
左守護石直下EMC成功でブレイク。
が、このままいってもレース展開できつくなるとの判断でここで転進。
N4チラ子猫が再度防衛していたので攻め。
守護石を2つともスムーズに破壊して第一バリケに攻撃。
チラがバリケ内にいることにより、さっきよりは硬くなっている。
そうこうしてるとLEFP登場。
野良連右、LEFP左で交戦。結局しばらくして転進。
転進先はV4。
POF旗を制圧。そのままWP防衛。しばらくしてSNK連派遣登場。
マスタも来ていたのでかなりの数。
WP防衛で防いでいたら、POF登場でなぜか共闘とのこと。
いや・・・旗みろと・・・。
しばらく防いでいたらPOF転進。
残り15分位でWP周りを崩されたのでブレイク指示が飛ぶが、被害は軽症。
即キャンセル指示が飛ぶが遅くブレイク。
ロキ死に戻り中、EMC不可で配置に手間取る。
残り10分切った所で、WP周り壊滅、イナバに移行。
イナバ移行後は問題なく押し切りWP防衛まで押し上げる。
ここでSNK連は撤退。
時間がないので派遣はだせず終了。
結果V4
【感想】
攻め被りで転進という展開が繰り返されてしまった。
これは前も書いたが自分は共闘が嫌いである。
自分が指揮の場合はまず共闘はしない。
共闘して中堅が3強を攻めるとかなら分かるが、よく言われる
「GDGDするよりは、共闘して落として転進しよう」という考え自体が
おかしいとおもう。
個人的考えだと、攻めてるところに介入された側は、徹底的に介入側を
攻撃すべきだと思う。
開幕に攻め被る形はともかく、中盤で攻め被る状況ってのは、偵察により、
どこにどこの勢力が攻めているのかが分かってて介入してくるって形だと思う。
介入する側は、攻め側がいるとわかっててくるわけで、そこには介入指揮側の
判断がある。
例えば、「攻め側の勢力は十分排除できる」「少しつっついてやれば
転進するだろう」など共闘を考えない場合はそういった判断をしている。
そして介入された側が、介入した側の指揮の思うとおり、あっさり転進した場合、
指揮側の意識に「ここは少しつっつけばすぐ転進する」というイメージが定着する。
このイメージはそれ以降の戦闘判断の材料として使われていってしまう。
連合の打ち合わせでも言ったが、こういったイメージを持たれるのはまずい。
野良連としては、「絶対諦めない」、「介入してもロクなことにならない」という
イメージを持たせるべきである。
その為には勢力的に負けてても、介入された場合、諦めず相手の嫌がることを
やり続けるべきである。
メンバーには厳しい戦闘を強いることになるが、きついのは相手も一緒。
INTのメンバは今までもやってきたし十分耐えれると思う。
そして野良連として徹底できるよう働きかけたいし、又SESの連合がそう
いった意識を持って欲しいと思う。

チラ子猫:前当たった時と変わらず。弱点はバリケ裏の子猫。
配置はいいんだけで、いかんせん火力不足。チラ遠距離火力が入ると硬くなる
と思う。
DS連:目立つのはDSのボス連LKと無詠唱WIZと教授。血涙はあんまり。
LEFP連:重さがあったのもあるけど、まとまりの無さが見えた。
1回防衛してるとこを攻めてみたい。
鷹連:数一杯。予想だけど平地戦苦手?
SNK連:弱点は敵マスタ?

個人的反省
重さもあったけど死ぬことが多かった。スタンしないなら回復や消耗品なく
なるまで死んではいけない。

良かった点
SNK連派遣から砦を守った事。こうした積み重ねが、相手指揮の派遣先選定に
影響していきます。









posted by YAS at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

2009/01/25 GvG

動画UP完了

2009/01/25 GvG
予定:F2防衛
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

またもや防衛スタート。
あいかわらず大人気のようで、砦前にはLE連。
が、FPも登場、どうやらLEと同盟の模様。
となると数70位か?
ケットもいたけどどこかにいったぽい。
ってことでスタート。
F2は入り口防衛には向かないので、軽く足止めを置いて
すぐに左守護石にてEMC。
LEFPは右守護石を壊してきてから進軍。
進軍自体はゆっくり、おそらくMAP把握ができてないのかと。
1ターンは防いでだかなってところでDS連登場。バリケード前で
待機中との事。
正直ここで転進を進言したが続行。
序所に突破で裏側にてEMCされたりして崩されてきて、5分立って
逆側の守護石が修理できるかなってところでブレイク。
急いで第一バリケ裏に移動してEMC。そこにはもうすでにDS連が配置済み。
DS連はWIZ火力が少ないのか、一気には壊されなくて、後からきた
LEFPと争いはじめる。
地形的に3方に分かれるってのができないので、バリケ裏に火力をおいて
対面の敵を徹底抗戦。
じきにDS連が転進。
邪魔者がいなくなったので火力が集中しはじめて、どんどん削られていく。
第一バリケを壊されたところで右上の細道でEMC。
ここのラインは狭く入り組んでいるので、チェイスや残影で抜けにくく
割といい地形。
ここでも少し時間を稼いで崩されてから第2バリケ裏へ。
ここも同じような展開。
一気には行かないけど序所に削られ、第3もブレイクされる。
エンペ上でEMCし、最後のイナバ。
地味に粘ったけど、時間もないしわざとブレイクさせるために復帰地点でEMC。
LEブレイクでカウンターする予定が結局迷いつつF5へ。
F5はWRC連防衛。攻めにしるさんち。のちに輪廻とME連。
普通に守護石を破壊後、共闘はしないもののしるさんちは放置の指示。
一番脅威になるME連のみ攻撃。
序所にバリケを壊していき、第2前までにME連と輪廻は転進。
第2以降は左に野良連、右にしるさんちという形でバリケを壊していく。
第3バリケ攻撃辺りで序所にしるさんちに妨害をかけていき、
第3バリケ破壊後、いち早くエンペ周りを制圧、INTでブレイク。
WRC連転進。しるさんちは攻め継続。
第3バリケを設置し、バリケ裏で配置、遊撃を出して対応。
しるさんちもオーソドックスにLP戦。
が、流石に質が高く、ガンバンSG・ADS・Sbr・DSなどの遠距離火力により
バリケ裏は安定せず、常にEMCで補充していく形でまともに遊撃も出せない。
流れを切るために、守護石修理から城門バリケで、相手マスタのリログEMC
を防ぐように対応するが、結局バリケ攻防において一方的に負け続けバリケ
を破壊される。
エンペ周りを制圧されたので、他マスタを入り口待機させ、INTにてEMCを
し、ブレイクを促す。
しるさんちブレイク後、野良マスタは第3バリケを突破し潜伏に成功。
INTは築かれた第3バリケに攻撃。
野良EMCでエンペブレイクできそうとの判断でマスタは入り口に戻ったが
裏目にでて、しるさんちの対応で野良メンバは排除される。
もどってEMCして1ターン攻めるが、ガンバンSGでLPが安定しなく、
バリケ裏からのADS・Sbr・DSで即落とされる展開をみて無理と判断。
転進進言で転進。
偵察なしでV4いくが、ME連全軍。時間がないのでV方面でいけそうな
とこを探す。
V3がGS単体で3MAPEMCするも、一度では崩せず、箱庭援軍がきて
すぐ転進。V2へ。
3MAPEMCから狙うが制圧解除からブレイクできず。
結果宿無し。
【感想】
LE連+FP 阿修羅が多かった。数は多いが連携も含めSNK連のほうが今は上。
しるさんち 前当たったより数が多かったかな。
他の動画を見てると2Gのようにみえた。2PC大目の30後半?
普通にLP戦では敵わない。
個人的反省
・旧砦にいくと決めた時点で時間かかってもサブGに移行すべきだった。
・いつも口だすのに、最後指示待ちをしていた。
ギルド的反省
・いつも守護石をなおしていたメンバが職チェンジで直せない状態で、
他のメンバが直すという意識を持っていなかった。
・有効的な遊撃を見直そう。
・バリケ戦防衛時の前への意識を持とう。
連合・指揮側反省
・20:15:15の形はある意味戦力の分散、当初からの懸念点だが
改善されていない。
・経費削減方針と作戦行動が一致していない。
・見切り、判断の遅さ

動画は微妙なのが多そうだけど時間があれば後日







posted by YAS at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

2009/01/18 GvG

動画UP完了
2009/01/18 GvG
予定:F1堅守
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

再度防衛
まあうちらの規模ならどこか来るでしょうってことで
砦前にはSNK連。3強の一角って所ですか。
全軍で自砦を捨ててきた模様。
開始前「砦間違えてますよ^^」っていったが帰ってもらえず。
開幕はロキ防衛。
最初の突入は防ぐが、何度目かで混戦になりマスタに
抜かれ守護石1を割られる。
ってことで全軍守護石でEMC、防衛。
相手もまとまってLPを進めてくる。
1ターン絶えるのがやっとで速攻ブレイクされる。
これは差が大きいな〜っと思いつつ1バリケ裏でEMC。
先週もそうだが、F1は入り口からバリケが近く、相手はすでに攻撃中。
まともにかち合うとやっぱりきつい。
教授落とされエンド。遊撃も効果なかったっぽい。
以下力負けってかんじで第2第3バリケもブレイクされエンペブレイク。
20分も持たなかった。
一応即カウンター。
相手は第3バリケ修復で前に布陣。
右階段あたりで攻防するがやはり序所に押されていく。
マスタキャラを半諦めで2〜3バリケにて潜ませて放置。
SNK連はがんがんバリケを修復して押し上げていく。
2〜1バリケまで修復されたのでとりあえず第一バリケを壊す。
第一バリケを壊しながら、INTにメンバを圧縮していき、
潜んでいたいたINTマスタキャラでEMC。
即第3バリケ破壊からエンペブレイク。
第3バリケ修復し、守ろうとするが、やはり差はでかすぎて
バリケも壊され半制圧される。
数分後ブレイクしたのでまた一応カウンター。
この頃またもやME連登場。
なぜか入り口でSNK連共闘希望のチャットを立てている。
先生・・・隣の旗見てください・・・
案の定ME連は攻撃を仕掛けてきて意味不明状態。
これはもうめんどいと思い転進を決意。
偵察を出してF2+F5無人を確認。
落ちてないF2に転進。
F2は何事も無くブレイク。
体制を整えてF5へ野良+LGO+INT数名を派遣。
が、攻めにEA連派遣登場。
数がEA+NERO+パルとアリス以外がきてる模様でかなり厳しい。
残り40分ってところで迷ったが、偵察の結果SE砦のN5に派遣。
防衛はWRC連、攻めにチラ。
共闘なしで排除しあって守護石を割っていく。
両方割り、バリケ戦へ移行したときにF2にてアリスマスタが
左守護石にてEMC。
そのままブレイクされたのでINTは→守護石でEMC。
野良+LGOはN5継続。
一度まとまって進行してくるが排除、アリスはEMCでどっかにとんでいく。
再度INTメンバを派遣、N5は守護石復活されていたので
守護石ブレイク。
あとは力押しでがんがん攻めあがってエンペブレイク。
残り5分だったためほぼ諦めで終了。
結果F2・N5の2砦
【感想】
まずはSNK連。
数は50〜60位?普通に強かった。
比翼に30〜40位圧縮なのかな?ほかのGは少なかった。
WIZが目立ってたかな、傭兵っぽい人もいたけど。
普通に錬度も意識も高めっぽい。
ただ展開の中で指揮側の問題なのか荒い点があるかな。
マスタ放置は置いといて、押し上げてバリケ構築が早すぎるイメージ。
F1は特に1〜2バリケ区間がやたら広いので2から1のバリケ構築は
かなりデリケートな部分。
第一バリケ築かれた時、ほぼ敵がいなかったのでついでに破壊できた。
バリケは1回壊れると終了まで直せないので、後の展開を考えると、
もっと考えて築けたはず。
次にME連。
またもや意味不明。
現れた瞬間砦前でSNK連と共闘希望のチャットを立てたってことは、
偵察の段階で野良連が防衛、攻めがSNK連ってのが分かってて、
初めから共闘して落とそうって考えでF1に来たということになる。
城主が違うって分かってるのか伝わるのが遅いのか、
延々攻撃してききて、先週の件といい、メンバーともに
ヘイトがだいぶ溜まってきました。
あとはWRC連かな。ガーディをうまく使ってたかな。
防衛の形はスタンダードでいいと思う。
あとは遊撃との連携。うちもできてないけどね。
あとは個人的に。
マスタとしてはF1はとにかく第一バリケの配置がとにかく遅れる点。
見切りをかなり早くつけないと間に合わない。
あと今日WIZはスタンしない装備を久々借りた。
やはり全然死ににくく消費がはげしい・・・ あとプラチナてらイタス。
石とか回復とか無くなるのが早いから補給でもどらないと
いけないのがきついな。
SE砦はWIZの価値ってのがかなり上がってるけど、スタンしない
WIZはかなり影響度が高いとやってて思った。
後半のWRC戦とかの動画みてもらうと分かるけど、かなり
無理して前でて強引にいってるけど、なんとかなっちゃうのが強い。
最近特に思うのが、魂や献身が掛かってる時間が長くなって
非常に助かる。
NNTT時代はEMC廻しの弊害ってのもあって魂は無いもので
行ってたしな。







posted by YAS at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

2009/01/11 GvG

2009/01/11
予定:F1堅守
同盟:INT-野良猫-LGO(野良連)

さて今回は商業値40・防衛値30のF5を捨てて、
F1堅守予定でME連来るだろうな〜と予想されたGv。
結局開始時は攻めにNW、ケット雇用。
NWにほぼ圧縮であまりケットって感じ。
NWマスタといえば、AGI-VITチェイサ。
人数的にも同じかちょい向こうが多いくらいで面白いところ。
開幕ロキ入り口防衛で迎え撃つ。
腐ってもWP防衛、しばらく守りきっていたのでF5のガーディを起動。
しばらくするとさすがはチェイサ、突破EMCをされ即守護石を壊される。
落ち着いてもう片方の守護石にてEMC。
まともな守護石防衛戦はほぼ初めて。
NWはマスタリログの高回転EMCで突破も交えてくる。
配置に手間取ったのもあるが崩され守護石ブレイク。
第一バリケ攻防へ。
マスタ移動したらもう殴ってたんで慌ててバリケ裏でEMC。
一気に押し上げる。
そこで5分稼いで守護石を修理。
ふりだしに戻るで守護石でEMC。
ここからは遅延防衛って形で5分持たせて修理してとっかえひっかえで
守護石を片方持たせてある意味安定。
が、1H近くになった頃ME連全軍登場。やっぱり来たのね。
当然のように相手は共闘、今度は前面にME連。
しばらく持たせていたが、序所に削られはじめ、もう片方を覗きに行くと
NW連メンバが守っていてアウト。
結局MSに高台EMCを許し排除されブレイク。
第一バリケ攻防へ。
またもやバリケ裏にいくとNW中心にがしがし殴られているので慌ててEMC。
がINTの教授がサバキャンでLPなし。
後ろにME連で遊撃も無理。
これはダメポって感じで壊されて、第2バリケも配置が遅れたのもあって
壊され第3バリケへ。
この間にINTへの圧縮を行っていて、遅ればせながら第3バリケEMCでなん

とか迎撃体制はできたかなってところだが、地形的に3方から攻撃
されるのと、すでにバリケの破壊が進んでいて排除できるかのぎりぎりの
所で残り1本のバリケも破壊される。ME連はこの辺りで撤退かな。
この段階で割られるのは覚悟でマスタ砦前待機。
NWマスタがエンペ右上でEMCしNWでブレイク。
即入ってダッシュ。が、第3前でEMCする予定が一気に中まで入って
しまって当然見つかってしまって死亡。
戻ったら城門バリケ復活・・・
これは戦犯ものだと思い、でもやれることは一つ、守護石にてEMC。
即ブレイク リログEMCで即もう片方もブレイク。
一気に進入、こんどこそと第3前でEMC。
相手は第3バリケを築いておらず一気に進入、進入途中に精錬エフェクト

がカンカンなってたので、あぶってマスタを排除。制圧気味にもっていき
体制を整えてINTでブレイク。
即第3バリケ復活。猫マスタもバリケ内でEMC。
NWも来るが少しして転進。
バリケを全て復活させて派遣へ。
まずV4を狙ってチラ子猫防衛を一度は制圧。
が相手の増援がきて再度制圧される。
それならばこっちもと思ったが、C4が空いていたのでそっちをINTで
制圧。偵察の報告でV3が空いていたので野良LGOで制圧。
ここでC4にペコ連全軍が登場。
さすがに抑えきれずラインを崩されるが、なんとか残り4分でブレイク。
しかしこれはきついと判断、猫マスタよりV5が狙えるとの報告が
あがっていたので、そのままEMC可+V3ブレイク予定の
LGOマスタをV5へ。そしてINTはV3にてEMC。
そのままV3はINT V5は猫で割り終了。
結果 F1 V3 V5 の3砦
【感想】
やっぱりチェイサマスタめんどい。
あとF1は独特だな〜と。
守護石の地形や旗の配置など結構防衛側にとっていやらしい配置かな。
良い砦なんだけど、特に第一バリケが入り口に近すぎる。
城主がバリケ裏に行くためには、
入り口旗クリック→徒歩で裏まで歩き2-1旗クリック→バリケ裏まで徒歩
と明らかに攻め側よりかかる。
第一バリケに関してはノピで飛び越えて裏に行きたい気分だw
ほぼ初めてといっていい守護石攻防戦では、同勢力同士なら
ある程度想定通りに守れた。
特に単体勢力はEMCの隙もあるから今回みたいなとっかえひっかえ
防衛が可能。
まあでも狙いは敵の殲滅ではなく、5分持たせる遅延であるという考えが
まだ全体の意識として持ててないのかなと。
敵がチェイスマスタの場合は押し上げは諦めたほうが無難。
あとはバリケ修理部隊ってのを作っていこうかな。
NWだけど、全体的にSE砦に慣れていない点も見えたかな。
特に落とされた後、長期間バリケの修理に取り掛かっていなかったのは
材料でも忘れてたのか、バリケの修復場所が分からなかったのか。
まああれはうちも最初は苦労した・・・
目立ったのはWIZと舞かな。
あとはME連。共闘して落とす手助けだけに来るなんて・・・
困ったときはME連ですね!こんど困ったら呼んでみようw
今度タイマンでやってみたいですね。






posted by YAS at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

20008/12/21 GvG

12/24動画追加

2008/12/21 GvG
予定:F5堅守 暇なら偵察残して攻め
同盟:INT−野良猫(野良連)

体験終了ってことで同盟継続です。
ちなみに新砦は、ジュノに近いのがN、ラヘルのがF。
指揮はLGO
LGOは都合により、INTと野良猫に圧縮。
開幕F5防衛スタート。攻めなし。
先週の攻め先候補N5のチラ子猫に偵察にいくと
防衛しており、攻めにはWRC連。
結局F5には5分たっても敵がこないので、
INTマスタ・物見をF5に置いてN5へ移動。
ってことでINTメンバはEMCなし。
すでにWRC連によって右側守護石は壊れていたので、
左の守護石へ移動。当然WRC連とは共闘なし。
野良EMC後進行、相手の地形が悪いのかLP上に
乗れてないメンバーが多かったのでがんがん進行、
守護石を破壊。即野良がバリケ前でEMC。
が、タッチの差で右側守護石を修復され城門バリケが
復活。それならばと徒歩で右守護石を割りに行く。
敵はいなかったのですぐ割れてさてバリケ攻防。
敵の陣形はバリケ後方に子猫、バリケ前にチラ+子猫前衛。
子猫側にLPがなく、チラ側教授にてバリケ前に陣取って
LP。背水の陣の仁王立ち状態。
当然チラ教授に火力集中の指示をまわすがさすがはチラ。
INTのEMCが無いのもあってまとまって攻撃がしにくく
うまく崩せない。
たぶんこのへんでWRC連は撤退。
とここで本城F5に輪廻が登場。
INTのみF5守護石にてEMC。
そのままラインを引く。
もう片方の守護石を割られ輪廻攻め継続。
よって野良猫マスタも戻って守護石でEMC。
一気にラインを押し上げ入り口防衛までもっていく。
輪廻はリンカマスタがメインで金持ち。
チャンプマスタがサブって感じ。
一度チャンプマスタに抜かれEMCされるも出てきたのが
数名だったらしく排除に成功。
しばらくして輪廻撤退。
確認後再度N5に同じ形で攻めに。
他に攻めはなくそのままタイマン。
左守護石でまた防衛したので右を割って進行。
相変わらずまともにラインを引けるラインではないようで
崩して破壊。
再度バリケ攻防に移るもチラ遊撃部隊が硬く一気にはいかない。
しばらくすると突然チラがEMCでどっかに飛ぶ。
敵はバリケ奥の子猫のみ。
一気に子猫をSGで落とし、バリケを崩しに掛かる。
バリケを崩してさあ入ろうとしたところで城門バリケが復活。
つまりさっきのチラは守護石を修復防衛の為だったと。
バリケ破壊から城門バリケが出るまでに内側に入れたキャラは4くらい。
自分のWIZも入れたのでとりあえず前に、第二バリケを狙いに行く。
第2バリケにはAGI冠 廃WIZ 廃プリ 追ってきた教授
教授はバーン自爆?かなんかで消えて、AGI冠は石化鎧で対応。
WIZはAMPSGで巻き込んで落としてAMPSGでバリケを狙っていく。
が、唯一相手ハイプリは落ち着いてSGの当たらない位置からサンク。
AMPSGの方がサンクより上回ると判断し狙っていくが、スナとか冠とか
沸いてきて集中できずに崩しきれない。
そうこうしてると教授 LK 葱 冠 スナとかが現れてきて、
クロコン→フルストで終了。
そうこうしてると本陣が守護石を壊したらしく城門バリケが消え、戦闘は
第二バリケに移る。ここでもチラ中心に崩すのに手間取ったが、戦闘位置が
第二バリケのため、チラ遊撃の間隔が空き、第一バリケよりは楽に崩せた。
同様に第3バリケ攻防ではほとんど妨害を受けずに崩しきりバリケを破壊。
一気にエンペを野良でブレイク。
ここでDS登場、ラインを第3バリケに引こうとするも失敗。
チラがブレイク。
カウンタで進行。チラ側もラインを引けず混戦、野良猫でブレイク。
今度はなんとか第3バリケ構築に成功するもINTEMCが無し・職構成の偏重も
あってまともにラインを引けず崩される。
そのままDSがブレイク。ここでチラ子猫撤退かな。
カウンタで行くも第三バリケ構築済み。
LPが最初なかったのでがんがん削っていくが序所に敵の数が増えてきて崩される。
時間も時間なので撤退。
偵察の結果派遣でV4を野良で制圧。
3砦目選定は結局C4へ。
MAD防衛だったが、ペコ連・輪廻連などが同時に来る。
展開的には悪くなかったが、ブレイクできずに終了。
結果F5堅守 V4 の2砦。
【感想】
・守護石防衛 入り口防衛へラインの押し上げ
・守護石+城門バリケ攻め
の2つの経験ができてよかった。
チラ子猫連は、DS・しるさんち と違って2G構成。
防衛ラインがチグハグに見えたが、チラの遊撃はさすが。
やはりSE砦は城主圧縮が理想かなと。
チラEMCでの守護石復活の流れはタイミングが合えばいいが、
今回みたいに若干空くと、バリケが破壊または数本破壊されてしまう為、
かなりシビアかと。
やはり入り口防衛−守護石防衛−第一バリケ防衛の組み合わせはうまく使うと硬い。






posted by YAS at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

10/19 GvG

10/19 GvG
予定:L5攻め
同盟:INT-CK-運命(NNTT連)

L5SDNP連攻め予定。まあ防衛はないだろうとの
読みでどちらかというと防衛スタート狙い
開始前INT21人。
L5に行くも敵なし。ぎりぎりになって暁連登場。
スタダでEMCするも暁連に割り負け。
ってことで攻め。
防衛はロキ1、40人辺りかな。
ロキ狙いメインでEMCを廻す。
LPから少しずつ削ったかなってところでDS登場。
DSが登場してからぐっと鯖が重くなる。
当然共闘なしで平地。とりあえず暁連無視で対DSへ。
が、差は顕著。チャンプ1ADS0でアクティブキャラ倍近く。
接触した瞬間崩れて崩壊を繰り返す。
3MAPの各所でEMCを廻して、DSのERへの継続進軍
は防ぐ形を執る。
3MAPエンドを抑えた時にERロキが切れていたので、
ER入ってすぐノピって突破EMCを通す。
暁連はイナバへ移行。戻ってきたDSと争いつつ攻める。
が、崩しきれず入り口まで押し戻される。
この段階でDSは転進。
相手の消耗度合いから、EMC回転を上げて消耗戦狙いに。
だがLPからの崩しこそ出来るも次の展開までもっていけず
膠着状態に。
ここでPN連登場。共闘希望がでるが、こちらの
指示はPN連無視。
EMC回転でプレッシャだけはかけていく。
PN連突入で入り口防衛が崩れたかなってとこで、
NWがブレイク。
チェイスでうまく潜ったと思われる。
カウンタでEREMC。ほとんど防衛はなかった。
でやっとINTでブレイク。
PN連も一度攻めてくるが転進。偵察を廻す。
そうこうしてると再度DS登場、偵察継続のためEMCなしで
がんばるよう指示するが、さすがに無理で即効落とされる。
なんでC2へ転進。
Lがぷち重さだったから期待したらさらに重かった。
防衛は野良連だったが攻めに4つくらいいるらしく
ターン制状態。
献身をもらってエンペ前にばればれノピEMC。重さで通る。
でブレイクはCK。
防衛するも攻めはなし。
L3で輪廻連が防衛がいたので攻めることに。
攻めに野良連がいたのでまずは野良連がターゲット。
諦めてくれたかなってところでME連登場。
さすがに無理ってことで開いていたC2を確保。
C4はペコ連が全軍防衛していたので諦め。
CKをV3に派遣して残り8分位でDS派遣登場。
3MAPエンドというクリティカルな場所でEMCされる。
エンペ直下EMCを通しブレイクしようとするもブレイク負け。
時間を考えて諦めてV3転進指示。
V3は午後連と子猫にSDNPの派遣という状態。
MADが54分ブレイクでマスタ砦前待機。
57分AZブレイクでカウンタ。
58分INTでブレイクで確保。
結果V3取得で終了。
【感想】
今回はL5対暁連攻めメインになった。
序盤の対DSとの平地では戦いでは圧倒的に負けて
いるが、簡単に転進を選択してしまうと、DSに今後も
同様のケースで割り込まれるので、その対策も兼ねて粘った。
暁のEJマスタには、いい加減にしないと転進するぜ
っていわれたけど・・・。
要はDSの安定した攻めを防ぐことにより
NNTTじゃまくせ〜→GDGDするなら転進 という方向に
もっていければ、目的(暁連へ攻め)は達成できる。 
戦力的に劣っていても絶対引かないという姿勢を続けていれば、
攻めに割り込むということもしにくくなってくる。
ここら辺は個人的に思っている共闘否定の考え方の
根底の部分でもある。
で本題の対暁連だが、あと一歩の展開。
まとまりや動きでなんとか改善できるレベルかなと。
C2確保時のDSの派遣だがEMCされる場所がまずいですな。
ちょうど持ち場を離れてしまったらしいけど。
残り8分くらいあったんでさっくり転進と判断できたし
結果的にはオーライって感じではあるが。

さて今週をもって運命が解散となり、NNTTから脱退となりました。
非常に歴史のあるギルドで、NNTTにはいってからは、
どちらかというと裏方的な役割ばかり負わせてしまって、申し訳
なかった点が多々ある。
ゴウさんお疲れ様でした。
ギルドは後継なしとのことで、メンバーもしばらくは
傭兵をするとのこと。
NNTTの特徴である高回転EMCを安定した献身で支え、
ケットからも絶賛されたGANちゃん、
安心してブレイク役をまかせられるので自分も重宝して
ましたブギーさん、
EKD氏の動画でも出てくる防衛時はサイトを徹底して
敵の偵察侵入を防ぎ、攻めでは大量のイクラ爆弾で
その人ありといわれた イクラ姫ことetcleさん。
いずれもNNTTの基幹部分でNNTTとしては大きな
戦力ダウンで是非INTにはいって欲しかったが、しょうがない。
あ、傭兵に飽きたら入ってくださいm(__)m

さて来週で激動の10月が終わり。人は減るけどがんばろう。
動画はあとで。最近エンコ失敗続きでだるす・・・
posted by YAS at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

10/12 GvG

10/12 GvG
予定:なし
同盟:INT-CK-運命(NNTT連)

INT開始前21名 2PC afk込み
会議にて人数が少なくなるとの事でレースをしようと
いう流れを強行に止めて普通のGvをしました。
開幕はL4 NPSD連砦主
砦主の姿はなく暁連に鷹連少数
開幕はINTがブレイク そのまま防衛へ
攻め側は鷹連が本格参入、暁連と争う。
結局暁連転進、3MAP高台を鷹連が制圧。
数は60くらいかな、うちらの倍。
一度目の突撃で前衛がラインを突破、
エンペにてEMC、少しの時間食い止めるが、相手EMCで
処理オーバー 制圧される。
一応攻めに。
鷹連防衛はロキ1 とりあえず入って後方へ。
まったく魔法があたらず、ロキ切れ間まで生き残り
切れ間でLP。ガンバンSGをガケにいれつつINTでEREMC。
少し押すがさすがにLKが前面にでてきて殲滅される。
すぐEMCを廻したかったが、指揮PT献身を偵察にだして
いたので高台で遊撃LKに邪魔をされEMCができず。
高台は諦めて下でEMC。
その頃ME連登場。普通に蹂躙され終了。
そのあと色々と彷徨った後、L5 NPSD連防衛へ攻め。
暁連が攻めにいたのでまずは暁連を強襲、暁連転進。
タイマンになって攻め開始。
ロキ2の40〜50の防衛かな。
何度目かの突撃でLP→ロキ破壊成功。
ここで駄目押しEMCを狙うも3MAPエンドが壊滅状態だったので
ERでEMCを狙うことに。
が、手持ちの鎧を全部壊されていて、献身もらっても
凍ってEMCできず。
そのまま持ち直される。
その後もLPは稀にでるが、崩せず。
そうこうしていると、輪廻連登場、共闘希望チャットが立つ。
こちらは拒否するとそのまま攻めてくる。
ER攻めは諦めて相手の後方EMCを繰り返し対輪廻連にあたる。
一進一退の状況で、時間も遅くなったので諦めてC4へ。
C4は無人で制圧。いつものようにCKをC3へ派遣、がWRC連登場。
諦めてL1へ。ラスト3分でケットがC4奇襲にくる。
割ってリセットしてあとはいつものように2段防衛で
ラスト30sでエンペ直下EMCで逃げ切り終了。
CK派遣は失敗でC4取得で終了
【感想】
いつもとあんまり人数はかわらず30人辺り。
鷹連の印象として以前ほどの力は見えず。
特に防衛はDSの方がきつかったとの感想がでてた。
鷹連はWIZと雷鳥が問題かと。
NPSD連は最近良い勝負をさせてもらっていて全部負けている
相手。今回もいい勝負で負け。いい相手なんで今後もよろしく。
LP出た後のガケLP更新連発していた教授のひとGJ。
ガンバンSG入れにくかった。
鷹連に負けてNPSD連に負けて派遣失敗と結果いいとこなし
だったかな。
動画は後日

posted by YAS at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/5 GvG

10/5 GvG
予定:L4 NPSD連攻め
同盟:INT-CK-運命(NNTT連)

開始前INT22名 2PC AFK込み
L4移動するも防衛なし。DS登場。
とりあえず割って防衛。
1〜2度目のロキ狙いの突入は防ぐも、突破狙いで
処理オーバー。エンペ前EMCも速度Pで大量に
抜けられており出来ずにブレイク。
とりあえず攻め。
魔法の穴はいつものようにあるものの、DS得意の
阿修羅ADSでいつものように崩せず。
また遊撃のLK2人をいつまでも倒せず突入も間延び。
ラストの突撃でLPがでてガケにガンバンSGいれるも
魂なしで即死。
ラストなんで別砦にいっててEMCできないで終了。
V4移動で防衛。
野良連が攻めてくるも撃退。野良連撤退。
B3に転進、FP防衛中。
行ったらFPが割って転進。
確保はC4、制圧して派遣はB3。
新風連と子猫が争っていたのでおいしい展開を予想。
途中から暁連が全軍で登場、EA派遣も来襲。
暁だけには割らせないようにレース展開を維持。
ラストうまくカウンターがはまり取得に成功。
結果 C4 B3 の2砦
【感想】
対DSはいつものように負けてますね。
改善が見られない場合は少し考えないといけないな。
ラストがうまく行っただけで内容の薄い回でした。
動画はソフト立ち上げ忘れで撮れてません。

posted by YAS at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

9/28 GvG

9/28 GvG
予定:L4攻め
同盟:INT-CK-運命(NNTT連)

L4輪廻連攻め予定。
開始前INT21人。
L4に行くも敵なし。
V3にいって割って防衛。
もっさり敵がきて落とされる。
L3でケットが防衛していたので攻め。
WRC連と野良連かな、攻めでいたけど排除。
途中からNPSD連登場。共闘なし。
ER1列目でNPSDvsNNTT。2列目でケットが
防ぐという構図。
めんどくさいので献身もらって奥にノピEMC狙い。
一度通って落とせるかなってとこまで
いったけど落としきれず。
その後のEMCは全部スペルブレイカでとめられる。
やっとNPSD連転進でタイマンになり、まじめに
EMCを廻そうとするが、暁連登場。共闘依頼がくる。
色々あったが共闘。当然数が倍以上になり防衛崩壊。
暁連がブレイク。
そのままカウンタ、EA連登場しててそのままの流れで
NNTT連がブレイク、防衛。
EA連が攻めに。
即崩れブレイクされる。転進。
確保はV希望ということで、開いていたV5へ。
そのまま防衛し確保。派遣は失敗。
【感想】
PK運命と同盟を組んで以来2年以上しなかった共闘を
今回しました。
旧NNTT連時代も自分が指揮を執るようになってほとんど
共闘はしてなかったと思います。
それには自分のGvに対する信念みたいなのがあって、譲れない
部分であって現場で強行に反対したのですが、
・最近指揮を委譲しており、今回指揮ではなかった
・指揮者のそのタイミングにおける状況が悪かった。
などいろいろと重なり共闘を受けることになりました。
この辺については落ち着いたら時間があるときにまとめたいと
思います。
まあ感想といっても今回は内容も薄かったんで、特にないかな。
相変わらずケットはいい動きします。
数も40くらいいたかんじ。
動画もWIZはEMC後ほとんど動かしてなかったんで無しで。

posted by YAS at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。