2010年09月30日

2010/09/26 GvG

2010/09/26 GvG

指揮AlicE
事前にSNK連と対戦の調整してのGvでした(こっちが防衛)
最初N3のほうがいいなと見に行ったら鷹連が防衛スタートだったんで
諦めてN2へ
右守護にてラインを引くも普通に崩され1バリへ
1バリ裏からコメット入れて取り返して1バリ前に移行して対処
EDP連の偵察がきていて、しばらくして全軍登場
予定通りSNK連と同盟を組んで対処
SNK側は入り口にロキ+地獄の歌防衛をやっていたので、入り口を
厚くするよう調整
何度か崩されるもEMCを拠点で回して対応、1バリ健在
しばらくすると鷹の偵察が登場、あからさまに防衛側を狙ってくる。
そして鷹全軍登場、しかも同盟を組んでいる模様
各種防衛ラインは一瞬で破壊されて3バリまで突破される
鷹連が帰ったので1度押し返しに成功するも、再度進軍され終了

再度調整して空いていたF2をブレイクして防衛 のこり50分切っていた
守護防衛はいつものようにヒバムコメットで乙
1バリ前もあまり粘れず、水路防衛もEMCミスも重なってラインをひけず
裏から1度押し上げるも相手の再進軍で落される
3バリ前でEMCから前につめていく展開が安定しはじめて何とか粘って
残り5分でSNK連撤退
派遣はV2確保で終了
結果 F2 V2 の2砦

[感想]
EDP連がSNK連へ行くことは知っていたので予想された展開
ただEDP連が鷹連と同盟を組んだ意図は不明
EDP連としてはIYLA+SNK連vsEDP連の構図を想定していたと
思うので、落せそうに無いから同盟を結んだって
理由だったら残念ですね。
どうせやるなら1位+2位vs3位+4位 の形じゃなくて
1+4vs2+3とかのほうが楽しめたんじゃないかな。
あとは目立ったのはやはり高レベル湾のスタンとDBかな 
この2つの単純な組み合わせが対処できない

対SNK連との戦闘はF2っていうのと残り時間が
少なかったのが大きかった
対コメット・EMC・防衛ラインの維持など課題はまだまだ多い

[個人感想]
指揮じゃないんで個人感想で
臨時連合での戦闘は正直つまらなかった
WP防衛ってのもあるけど、基本数が多い状況での戦闘が
ほとんどだったんでまとまりとか適当、
右守護での防衛も完敗といいところなかったとおもう。
対SNK連の戦闘では、敵マスタの復帰をつぶすことを意識してました
キラキラでシエナとったんで試してみたけど、結構確率悪いなっと
レベル差がでかいのかな、使い勝手はいいけどね。
また指揮じゃないのに指示出しすぎた。
posted by YAS at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。