2010年01月26日

2010/01/24 GvGレポート

2010/01/24 GvG
INT指揮。

人数はいつもどおりかな。
今日はSE予定だったんでチェイスGで開幕。
メイン教授が1、LK大目の構成、火力はチャンプ頼みな感じ。
予定は、N5防衛でしるさんち・FP・アリスあたりを待つか
1G減った暁連のN2・F3攻めって感じで偵察。

とりあえずガーディ起動してるとF3にて暁連が防衛に入る。
N5にはどこも来なかったんで攻めましょうってことでF3攻めに決定。

入り口気合を入れてカウントして入ったらいなかったの図、
じゃ左だろうってことで見に行くと防衛ラインがあるのでEMC。
暁連はEJとRbcが大体半分ずつ位、全体で50はいないと思われる。
LPメインで進軍して少し崩したかなって感じも教授がセーブして
なかったらしくしばらく停滞に。
LP不発と敵遊撃ゴスLKの処理などにいつものように手間取り、
中々前にいけない展開が続いたので、突破EMC狙いも交えだす。
マヤパっぽいチャンプがいて結構防がれるも、流れでやっと成功し
守護石をブレイクします。
暁連はわざとか右守護石を延々修理しなかったんでバリケ戦へ。
先着されたんで再度LP中心に進軍。
敵は2Gいるので出来る限りそのベクトルの角度を狭めるような位置取りを
重視する。基本やはり自力で劣ってる形で少しずつ削られていくのを
EMCで補充して維持していたが、突然バリケ裏にいたEJが左でEMC。
Rbcも左にいたのでこれはチャンスと、現状位置キープ+バリケを
積極的にと指示をだしてバリケ中央3本をブレイク。
さすがにまずいとおもったのかEJがバリケ裏にもどって再度膠着状態に戻る。
タイミングを合わされて守護石を修理されたんで再度左守護石攻防へ。
相変わらず前衛中心の遊撃で粘られ、EMCを繰り返すターンが続くも
途中急に軽くなったりして進軍がうまくいき、なんとか押し込んでブレイク。
再度バリケ戦へ。が同様の展開で変わらず少し道は作れるも長い間キープは
できないで、削られEMCという展開。
少し粘ったけど諦めて21:40に転進決定
SEは諦めてFEへ。とりあえずV5制圧確保。
ラストエル猫が来て危なかったが、前衛をV4にだしてV5はブレイク解除に
合わせて逃げ切って終了。V4派遣は失敗
結果 V5確保

【感想】
もう一度本格的にSE戦をしたかったので経験できて良かった。
やはりというか弱点ははっきりしてるかなっと。
LKが多かったんでそれを活かす指示をもっとすれば良かったが
正直あんま前みれてないのもあって前衛の動きの制御までは厳しい。
やはり見れるメンバに任せるのが一番かなっと。
だいぶ自重してたらしいんでそこは進歩してるかと。
まああとはこれはしょうがない部分だけどLPとかブラギの不発が
きびしいな〜SEは。
魔法はまだ不発しにくいんで、LPなくても耐えれる耐久と、相手にLP
不発をしいる展開までもっていかないと。
ゴスLK対策に脱衣やEDPAXなど職も考えんとな。どっちも0だし。
あとは教授の問題か。1人とか負担でかすぎるしDISもきついしなんとか
しないと。

暁連
50はいなかったと思う。動画見直して再度調べとこう。
EJ:Rbcがほぼ半々。
ガーディをうまく誘導してた。
あとはゴス中心の遊撃に手を焼いた。
バリケ戦途中でバリケ前EMCで平地をやったりしたけどあれは悪手でしょう。

今後の試金石としても良い相手だった。
posted by YAS at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139429840
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。