2009年12月29日

2009/12/27 GvG レポート

2009/12/27 GvG
夢指揮。
今年最後のGvですね。まずは無事にGvができる環境にあるのに感謝です。

年末モードということもありいつもとは違う形となるのが通年通り。
いつもの様に6名程傭兵の方に来ていただき、いつもと変わらないかそれ以上の
IY連でした。傭兵の皆様THXです。


何時の通りINTに圧縮。
FE中心予定でしたが、ケット・RESあたりは活動なしとのことで、マッチメイクに
非常に苦しむ予想が出来たスタートでした。
開幕偵察をしているとL2にてMAD発見、マスタに聞くと防衛するとのこと。
じゃ攻めますね、ってことでブレイク後に攻め。
流石にいつもより少ないようで20人弱、一度目の突入でかなり前衛が入り込み
献身SGも入り崩して制圧。イナバ防衛。
MADはカウンターにくるもここからはカオスモード、
暁連全軍登場で乱戦に入ります。
どちらも背後とって突付かれてまとまった突入が不可の状態、
こちらも積極的に遊撃に出て、挟撃の形を取りまとまらせません。
そうこうしてると、BOSS連登場。チャンプマスタで数20弱。
MADはこの辺で転進、しかし状況はMADと入れ替わっただけで
変わらず状態。
流石にこの展開に飽きたのか、しばらくして暁連転進 BOSS連とのタイマンになります。
チャンプマスターなのでテコンEMCの利点を生かし、積極的に遊撃を出して対応します。
BOSS連はこの段階では教授がおらず、意外と後衛が大目でスクリが良く効き、
ほぼ安定して防衛に成功します。
この状態が続いたのでしばらくしてブレイクして転進します。

転進先はC1。
百楽連がERWP防衛。
あまり当たった事が無かったのですが結構人数いたような気がします。
入り口LP進行から突破してEREMC、相手はイナバモードへ。
ガケに出てる敵を倒しつつLP進軍から一度目の突入で崩しきりブレイクします。
百楽連カウンターにくるもここでMAD登場、またもや乱戦モードから百楽連転進。
が、再度BOSS連登場、とどこかで見た形に。
MAD突入からBOSS連突入の形で、排除しきれなかったLKやクリエに荒らされて
建て直しEMCもMADのADSで即殺されBOSS連がブレイク。
MADと争いつつの攻め合いでタイミングを見てEREMCからの進軍でブレイク。
ここで転進します。

FEでいいところを探すも無かったのでSEへ。
N5を見ると暁連の一部が制圧防衛中。
バリケを築いてるとGS登場、何時ぞやの攻守逆転パターンで面白いかなとおもってたら
DSR連が登場。
第一バリケ裏で防衛してると、左にGS、右にDSR連状態になり
GS側から共闘希望チャットが・・・
ええ、ご希望通り撤退です。
FEに戻ってB1を確保、ラスト少数でL1が空いてたので制圧
子猫など攻めてくるも遅延防衛からブレイクして逃げ切り終了
結果B1・L1の2砦

【感想】
幸いというか対戦機会こそ多かったけど、攻め被りでまともに攻められた形は少なかった。
まあ防衛してるとこが少なかったのもあるのでしょう。
L2では遊撃がはまってたけど、C1はやりすぎでした。C1防衛はINT単体時代では
やってたんでそれを基本に調整しないと・・・まあ今週は参考にはならないかな。
傭兵パワーもあって強引な展開でもなんとかなってました。
SEの王手2勢力の共闘には・・・なにかFE勢にはSE砦はやれませんって密約でも
あるのでしょうかw
やってて恥ずかしくないのかなって苦笑い状態でした。


今年最後のGvでした。
総括は別でまとめるかもしれませんが、全体で見るとSESのGv環境は良いほうだとは思います。
これはSESの血というか歴史というか、1強を許さない常に争いがある状況はFEにいても
面白いし良い方向だと思います。


来週も通常通りGv活動はします。
来年もSESのGvが混沌で面白い環境でありますように。

posted by YAS at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136868699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。