2009年04月02日

R J C 未練たらたら

今回もし通ってたらジプシ構成を試して見たかった今日この頃です。
やっぱブラギスクリは強いと思う。
決めの部分はガンバンSGで相手教授とプリ凍結を狙うってのはそうなんだけど
その前の所謂崩しの部分ってのが重要になっていく。
たとえばパラLKの教授へのプロボやジョークなど。
その崩しの方法を2つ持つ(ブラギスクリ+弓AS)ジプは可能性のある構成だと思う。


今回はSES鯖出場ギルド向けに、前回経験したことを踏まえた各職の1ポイントアドバイス
を書いておこうと思う。
他鯖の人はうちのブログなんてほとんど見てないだろうしね。


パラ
メインはやはり献身。相手の教授のDISの反応にどれだけ教授やチャンプを守れるか。
位置取りは前衛。地味にプレスも良いが、使えるのはプロボック。
相手教授や飛び込みチャンプをプロボで妨害できれば勝利に近づく。
X盾による盾チェインも地味に火力として有効。
味方チャンプの事故死後の対応も考えておこう。
またマヤ盾の反射は献身先にも乗るのでFD対策には有効。


教授
おそらく一番重要なキャラ。
とにかくLP維持。モーションキャンセルで出し続けよう。とにかく連打。
でもDISを入れないことには阿修羅を入れれないのでチャンス時は逃さないように。
DIS入れたらボイチャで伝える。ボイチャなしならDIS優先順位をつけとこう。
あと味方プリが凍ったらDIS。とにかくどっちも凍らないように。


廃WIZ
葱構成ならガンバンメイン。いないならガンバンSG。
SGはPv同様1で。モーションンキャンセルで手数勝負。
ガンバンの射程とSGの指定位置間隔を感覚で覚えよう。
ちなみに自分はステはD>I>Aでした。
チャンス時はガンバン穴にQMも。
相手飛び込みには必ずFD。


廃プリ
位置取りはPT最後方。LPからでても構わない。
とにかく教授と被らないように。どっちも凍ったらアウト。
平時は教授にサフラ連発。PT欄からの支援を覚えよう。
重要なのは凍結リカバの反応速度とリカバ優先順位。
グロで凍結耐性、キリエで阿修羅対策。


チャンプ
平時は相手前衛にDAでも。
味方がDISを受けた際は支援の補助を。
相手の飛び込みへのカウンタ阿修羅とチャンプへの気脱。
チャンス時の教授DIS連携阿修羅。相手のチャンプやSG役の凍結状況にあわせて
教授と連携して落としていこう。
ステは耐性装備のLKまで倒すか諦めるか。HPが多いと反射で助かる可能性UP。



メインはブラギ維持。サポにアサクロ+リンゴ。
ASまでは手が回らないはず。
ガンバンでブラギも削られるので出しなおしを頻繁に。
崩しの1つとなるジョークはブラギ維持の合間に。
味方が凍結しないLUKを振ってもらうとリスクが減る。
自分が冠やってたときは、
開幕時間に合わせてリンゴ→アサクロ→ブラギ 遭遇時のジョークで先手
ってのをセットでやっていた。


チェイサー
MATK確保は重要。モーションキャンセルによるSG散布。
狙いは教授凍結→プリ凍結。
追い込み時のパラや冠に脱衣など。

posted by YAS at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | RO PvP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。