2008年09月01日

RJC 終盤

平日19時という舐めた時間で開催された1回戦。
相手はクリエ構成だったらしい。LKがADSを4発まで耐えて
死んだらしいが、それからは押していって勝利。
無事2回戦に。
そして練習場MAPの復活。
やっとまともに練習をすることになる。これまでの1週間は
なにをしていたんだ・・・

2回戦の相手は優勝候補のウルドのChop
チェイサ構成で評判どおり強いらしい。
基本Cグループとの練習試合を避けていたのでやったことはないが。
とにかく対チェイサ構成の練習を繰り返した。
当初自分がクリエを使ってクリエ構成でいく構想もあったが、
練習の内容と、Chop1回戦の相手もクリエ構成で負けている
ことから、LK構成をメインに考えていた。
その練習の中で基本の形は決まっていった。
とにかく前にいこう。
遠・中距離の打ち合いは相手有利、LPを隣接させてLKパラによる
妨害を活かしてこそLK構成なんで前に進むしかない。
その中でひとつの作戦が生まれた。
簡単にいうと乗っ取りだ。
昔RJC初代優勝のlokiのcafeのメンバが言ってたことがあった。
一番怖かったのが突っ込まれて火力勝負に持ち込まれ
ること。
当時cafeは廃WIZ+チャンプ構成で、ほとんどの対戦相手が
クリエ+チャンプだった。
つっこまれた際に相手を落とせる火力が1:2と分が悪い
ことからの感想だったかと思っている。
相手LPをのっとり、阿修羅で死なないLKを中心に暴れて
慌てさせて崩していく。
これが思いのほか練習でうまくいった。
LPを隣接させLKが飛び込んだら追従する。
相手ブラギを乗っ取りブラギジョーク、
まっさきに相手チャンプにDIS阿修羅
チャンプさえいなくなれば怖いのはパラのみ
この作戦の精度をどんどん上げていった。
この作戦を基本と考えていくと装備もどんどんかわっていった。
相手チャンプとパラとのRS相打ちは上等なんで、RS反射
狙いで献身はLK以外の5人全員。
装備も肩はイミューンじゃなくてエリオット。
盾はRS狙いも兼ねてマヤ盾メイン。
LPを乗っ取った際に使われるFDをマヤは50%反射、
かつ献身先ものるのでFDで凍ることは相当低くなる。
当然対人耐性装備はサブでもっていくがメイン装備が
大きく変わった。
この作戦で重要なのは3つ
・乗っ取る前
・乗っ取るタイミング
・乗っ取った後
乗っ取る前は不利な距離での戦いなのでそこをどうしのぐか
乗っ取るタイミングがバラバラになったら分散するだけなので
いつ行くのか
乗っ取った後どう動くか
この3つを確認しながら、運命のChop戦へと練習を
繰り返していった。
練習での勝率は上昇し5割を超えていった。
この作戦でいくと決めた後、乗っ取りならLKじゃなくて
クリエのほうがいいのではという意見もでた。
破壊力ではクリエの方が上なのだが
乗っ取る前の動きで相手チェイサへの妨害がLKではないと
難しいため、クリエの場合乗っ取る前に終わる可能性が
大きいと判断した。
そして時間との戦いになりながらやれることはやって
当日を迎えることになる。
結果はご存知のとおり完敗。
話によると乗っ取る前に凍結して終了したらしい。
相手がミスってパラに阿修羅をしたらしいが、リンゴの分
足りなかったらしい。
まあ負ける可能性が一番大きいのがこのパターンと分かって
いたのでしょうがない。
そしてうちらに勝ったChopはそのままRJC優勝した。

posted by YAS at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | RO PvP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105830984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。