2010年06月10日

2010/06/06 GvGレポート

2010/06/06 GvG

防衛予定
N1持ってたけど、N共通は結構防衛してるので、経験の浅いF砦が空き家だったら
そっちをブレイクして防衛する予定でした。
開幕41名、いつもよりは火力構成だけどメイン教授はうちのみ

F1が空き家だったんでそこをブレイクして1守護にラインを引いて見ます。
偵察はくるも中々敵がこない状態で、N1取っていたしるさんちに裏で聞いてみるも
F鯖重いからな〜って感じ。
その通り、Fでは王手が4連合くらいやりあっている状態でかなり重く、
じゃあプラン変更でそっち攻めますよってことでN1防衛のしるさんち攻めに決定

偵察時入り口防衛だったんで、カイトしっかり回して抜けるぞー GO− いねーし
左守護にラインだったんで右壊して進軍。
ラインはウチらが以前してたガータライン。
LP進軍がら隣接→GOで前衛チャンプが食い込んで崩して行き、〆に裏でEMCでエンド
1バリ相手先着だったんで、前行くなよ〜って感じでEMCからLP進軍でガチ。
減らしたり減らされたりの展開で、常にバリケへのプレッシャーは入ってる形だったんで
EMC回転でこの流れをキープしつつチャンスにつけ込んでバリケ裏壊滅。
1バリケを突破に成功。
当然の様に2バリケ相手先行。同様に慌てるなよ〜ってかんじでEMCからLP隣接のガチ。
教授を早めに倒してかなりいい感じで進みブレイク、3バリへ。
当然相手先着、同様にって感じでいくも教授にかなり火力を集中されうちが速攻死亡の展開
EMC距離が伸びてるんでバリケへのプレッシャーも継続してはかけれず、
EMC→LP進軍→教授死亡→現場キープ→EMCのループで中々崩せない。
単体火力左からの指示でいいターンで阿修羅が結構入り左1本はゲットするも、教授即落ちと
ADS火力に及び腰になる形になり、膠着状態に。
敵遊撃は基本無く、バリケ前仁王のスタイルだったんで途中から火力を2名ゴスLKへスイッチ
前へのプレッシャーは増したが、的確に教授を狙われれLP維持は出来ず。
単体火力を集中させて何とか2本目を折ったが、後半はどっかの王手がN鯖に来たのか
重力発生でLP不発が始まり、前へなかなか進めない状態になってう〜ん。
ってことで転進決定 敗走〜
V2にかけ込んで制圧して、ラストL5へ走るも惜しくも失敗。
結果1とりでで・・・???
あれ?F1 lolなんだけど。
なんと1時間40分無人でそのまま放置でゲット。
結果F1・V2の2砦

【感想】
当初は守護石ライン崩せるかな〜って感じだったが3バリまで進めたのは成果。
形としては常に前線ガチの展開で、対しるさんちシフトともいわれてる遠距離からの
バリケ折スタイルは無し(正解はまだ出来ない)
地味に中距離火力が多かったので、まとまって押せてるときの圧力は結構良かった。
3バリからの敗因は実は結構複合的なところで
・敵の狙いが教授メインへ
・バリケ裏ガーターで前衛プレッシャが減る
・EMC距離の影響による時間
・こちらのADSが1AFKに入る
このへんの要素が大きかったかな。
しるさんち火力はバリケ裏に
ADS3(そのうち1無詠唱)・怨霊EDPグリム・Mbr魔法
バリケ前の阿修羅も含め、この火力をまともに受け始め、各個撃破の展開になってしまった。
攻めスタイルとしては悪くなく、タイミングと火力集中という基本でカバーできる範囲内。
あとはおれ(教授)の問題が大きいかな。装備と人数。対ADS装備としては今回最悪。
コートなしのVIT114だっけ。てら献身にやさしくない。
途中からあまりに壊されるんでV鎧持って行ったけど。
あとはあればいいな〜のゴスかの。リカバ必須だけどあるとやはり強い。
またLP維持にDISまでやってるんでどうしても前線に留まらざるえない。
DISとの分業ができるとだいぶ変わってくるがいないのはしょうがない。
全体の形としてはだいぶ良くなってきてると思うんで、こまかく調整していきたい。

F1はワロタ。ステルスモードですね。

来週は重くなければF1防衛で、でも重そうなんでN方面攻めかな〜って感じです。
SNK連とか鷹連とかの上位攻めもしてみたいけど、F最近重いからの〜


 

posted by YAS at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | RO GvGレポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。